新しい研究アイデアを得る方法

これは、私たちがワークショップやトレーニングイベントで最もよく聞かれる質問の1つです。非常に良い質問であると同時に、最も返答するのが難しい質問でもあります。

良い研究アイデアは、どこから来るのでしょうか。世界の研究者達は、恐らく他国の他の研究者が、注目を集める論文を発表しているのを見て、自分たちも同じことをしたいと思っています。 

ある場所で行われた研究の質が、別の場所で行われた研究と異なるべきであるという理由はありません。次の内容は必要でしょうか?

  • 私達のアイデアの品質はどうか 
  • 私達の研究プロセスマネジメントスキル  

実に、答えは、これら両方です!私たちは、良いアイデアが必要で、私たちの研究プロセスをより良く管理する必要があります。 

それでは、どのように行うか見てみます。 

ヒント1:時間と気持ちにゆとりがあると、アイデアが出やすくする 

私の経験から、アイデアはいつでもどこでも出てきます。しかし何よりも、あなたは、自分自身に日々の研究の過程について考えるためのスペースと時間を与える必要があります。

忙しい学者や博士課程の学生は、息つく間もなく仕事から仕事へ、会議から会議へと、急いでいることが多々あります。 

日中立ち止まり座って、研究の事を考えるか、それとも、少し時間を取って心をクリアにすることはありますか? 

アイデアはいつでも出てくる可能性があるため、ペンと紙を準備しておく価値は十分あります。そうすれば、思いついた時に物事を書き留める事が可能です。夜中にユリイカ!の瞬間が訪れた後、急いで起きてベッド脇で書き留めるのは良い考えだと言われています。   

個人的に、論文と執筆のアイデアは運動中や全く違う事を考えている時に思いつきます。私は毎朝、短い時間で頭の中を空っぽにすることが出来ます。これは、私が新しいアイデアを考え出し、前もって計画を立て、実行する必要がある事項を考えるのに、最適な時間となる傾向があります。また、ストレス解消にも良い方法です!  

時間を取って考える事は、成功する(そしてストレスの少ない)研究者になるための最良のアドバイスの1つです。 

ヒント2:あなたの専門分野のリーダーの成功例を模倣する

あなたが自分の研究生活で試すことが出来るもう一つの非常に良い戦術は、自分の分野の主要な人物をフォローすることです。模倣は、誠実な賛辞の形です! 

あなたの研究分野のリーダーを、5人から10人挙げてください。彼らは、あなたの国や他の国で働いている教授や医師かもしれません。

彼らの論文を読み、あなたの研究で、彼らの研究を参照します。彼ら専門家が、取り組んでいるクエスチョンの種類を確認します。彼らのリサーチクエスチョンがどのようなアングルでジャーナルに売り込まれるかを研究してください。 

成功する研究者は、彼ら自身の間違いおよび、他の研究者の成功から学びます。「良い」リサーチクエスチョンは、あなたの分野で研究している世界中の研究者が答えを学ぶことに興味を持っているであろうクエスチョンです。 

あなたの領域を越えてください。「優れた」リサーチクエスチョンは、学際的なクエスチョンであり、複数の分野にまたがっているため、注目を集めるジャーナルに掲載されると、様々な読者にとって興味深いものになります。 

したがって、良いリサーチクエスチョンとは何かだけでなく、ジャーナル編集者が何を興味深いと思うかについても考える事が重要です。 

ヒント3:引用により、研究を評価する 

どの研究分野に焦点を当てるかを決定するためのアプローチの1つは、自分の研究の範囲全体でこれまでの自分の引用について考える事です。 

研究領域全体で3つの(おそらく重複した)トピックにまたがり研究しているとします。これらのトピックの中でこれまでに発表出来た論文を見てみます。 

次のどれが、最善の結果だと思いますか。 

  • 最も読まれる
  • 最もダウンロードされる
  • ソーシャルメディアで最もシェアされる
  • 最も引用される

このようない自己評価は、どの領域に注目するかのアイデアを得られるでしょう。

簡単な事ではありません。でも、諦めないでください!

容易ではないことは、私たちも理解出来ます!良い研究アイデアを思いつくのは、非常に難しいことですよね。

何よりも、失敗を恐れないでください。どこにも通じないアイデアや、他のグループの結果を繰り返すアイデアに時間とエネルギーを費やすことを恐れないでください。

結局のところ、それはすべて科学研究の冒険の一部です! 


エダンズのエキスパートにお任せください!

新しい研究アイデアにお悩みですか?文献のギャップアナリシスが必要ですか?アイデアやエビデンスをお探しですか?

エダンズのエキスパートがお手伝いします。何でもご相談ください!

Scroll to Top