出版と倫理

writing about research limitations – Edanz Learning Lab

査読で出来ること、出来ないこと

多くの研究者が、査読は不可欠であると言っています。同時に、査読には残念ながら限界があるもの事実です。本ブログでは、査読の限界について詳しく説明し、査読が出来ないことについての理解を深めます。

オープンアクセス

オープンアクセス出版(OAP)は、単にオープンアクセスとも呼ばれ、学術研究の
結果がオンラインで無料で参照可能で、読者がそのような出版資料にアクセスする
際に、障壁が一切ないモデルを指します。

再投稿について • 返答レターの構成について

再投稿について 一般的に、ジャーナルは提出形式や、言語についての修正のために約1カ月の猶予を与えます。分析のやり直しや、新たな研究が必要な修正の場合は、約3か月の猶予となります。

Scroll to Top