リサーチクエスチョンと検索戦略を計画する

正確なリサーチクエスチョンを提示します

クエスチョンは回答が可能で、焦点を絞った、非常に具体的なものでなければなりません。 問題、対象集団、介入、比較、目的について記載することが必要です。

研究の選択基準を定義しましょう

組入れおよび除外の基準は、道理にかなうもので、明白に定めなければなりません。文献のタイプは正確に定義します(例:査読雑誌、書籍など)。研究デザインのタイプも正確に定義します(例:ランダム化比較試験のみ含まれるなど)。

研究の検索方法およびソース/データベースを決定しましょう

検索ソースは選択基準によって定められなければなりません。論文のハードコピーは、手動で検索され、一般および専門分野のデータベースはオンラインで検索できます。

文献リストは情報のさらなるソースとして提示されます。 他に参照するものとして、専門家や同僚、図書館司書、検索した論文の著者、依頼者や出資者から提示されることもあります。

学会誌掲載の論文、学位論文、政府のウェブサイト、プレプリント、企業の報告書/研究およびオンラインの試験登録情報が含まれる場合は、範囲がさらに広くなります。出版物の言語と出版時期を定義する必要もあります。

オンライン検索の際、特定のキーワードの組み合わせ(引用符で囲む)や、ブール論理(例:AND、OR、NOT)を特性することは有用です。

詳しく見る

リサーチクエスチョンと検索戦略をどのように計画するかについて、次のコースSLR2: Planning Systematic Reviews で、詳しく見ることができます。


Scroll to Top